アンティーク建具を再利用した和モダン空間

二世帯住宅が完成しました。

親世帯は和モダン空間で、落ち着いた濃い焦げ茶色をアクセントカラーにしています。

広い玄関土間からは、小上がりで直接和室に入ることができ、小さな和風旅館のような佇まいになっています。



オーナーが以前にストックしていた古い格子戸が入るように高さを調整して、この和室の仕切り戸として再利用しました。

古材の風合いが、新築の空間を引き締めて、唯一無二の味わいをかもし出してくれました。


 竹の格子戸は、すけ感と風通りがあるので、いわゆる夏用障子なので、冬用障子を作っても良いかもしれません。

昔の家のように、夏用と冬用の建具を使い分けるのも、風情がありますね。


建具を取り替えるのが大変と慣れば、この建具にうまいことワーロン和紙などを挟んで、風通しと視線を防げば、年中使えるのかもしれません。  

上部の欄間には、ガラスをはめ込んでいるので、風通しのない障子にすれば、玄関ドアを開けた時の冷気が和室に入らないようにすることができます。


和室は、奥のリビングとも繋がっています。


リビングとの間も建具で仕切れるようになっており、奥のリビングダイニングのプライベート空間と仕切ったり、繋げたりして使えます。


フローリングはタモの無垢材に天然塗料を塗りました。落ち着きのある色合いです。




​建築相談はお気軽に

建築の相談は随時行っています。

こんなことはおかしいかな?できるのかな?と思うようなところに

おもしろい建築への糸口があるかもしれません。

​お気軽にお立ち寄り、ご相談ください。

  • Instagram