既存住宅状況調査ング 3

​中古住宅を売りたい人と買いたい人以外の第三者の専門家(既存住宅状況調査技術者)が中古住宅(既存住宅)を調査します。

平成30年4月1日より、既存住宅の取引において、

宅地建物取引業者との媒介契約書面に、

建物状況調査のあっせんの有無が記載されることに​なりました。

既存住宅を購入される方のメリット

①専門家の調査により、建物の状況が把握できる

②リフォームやメンテナンスの見通しが立てやすい

売主のメリット

①取引後のクレーム等のトラブルが回避できる

②購入者に安心感を与えることができる

既存住宅状況調査の依頼は、売主、買主いずれからもできます。

ただし、買主から依頼される場合は、売主(現所有者)の同意が必要になります。

​建築相談はお気軽に

建築の相談は随時行っています。

こんなことはおかしいかな?できるのかな?と思うようなところに

おもしろい建築への糸口があるかもしれません。

​お気軽にお立ち寄り、ご相談ください。

  • Instagram